競馬PRESSBACK NUMBER

オールカマーの逃走劇を天皇賞でも。
スティッフェリオと丸山に漂う魅力。 

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph bySatoshi Hiramatsu

posted2019/09/25 07:00

オールカマーの逃走劇を天皇賞でも。スティッフェリオと丸山に漂う魅力。<Number Web> photograph by Satoshi Hiramatsu

スティッフェリオはこれまで23戦し、掲示板を外したのはわずか5戦という安定感も魅力である。

「堂々と秋の天皇賞へ向かえます」

 また、他の6頭の出走馬の中にも徹底的に逃げないと駄目なタイプは見当たらず、先行馬が有利な流れになることは予想できた。先述した人気勢がけん制し合えば、逃げ馬が残る可能性は充分に考えられたのだ。

 しかし、そのような机上の計算と、実際に考えていた通りに乗れるかは別問題。“馬”が相手なだけに、思うようにいかないのも当たり前であって、全く不思議ではないのだ。

 そんな中、丸山騎手はパートナーを上手にいざなった。ウインブライトが距離の壁に泣いたか大きく失速(9着)し、レイデオロも今ひとつ伸びを欠く(4着)。ミッキースワローは何とか伸びて来たものの、時すでに遅し(2着)。

 丸山騎手とスティッフェリオのコンビは後半の半マイルを前半のそれより3秒4も速く(前半49秒2に対し、後半は45秒8)走り、ミッキースワローに1と3/4馬身の差をつけてゆうゆうと逃げ切り。昨年の福島記念、今春の小倉大賞典に続く3つ目の重賞勝ちを、GIホースたちを撃破する金星で飾ってみせた。

「これで賞金の心配をしなくて良くなったので、堂々と秋の天皇賞へ向かわせられます」

 指揮官・音無調教師はそう言って笑顔を見せた。

アーモンドアイなども出てくるが。

 3つの重賞勝ちが福島、小倉、そして中山といずれも右回りの小回りコース。次に目標としている天皇賞(秋)は左回りで大きなコースの東京競馬場。良績のあるこれまでの競馬場とは明らかに形態が違う。

 また、今回、敗れた馬たちの巻き返しも考えられるだろうし、さらに女王アーモンドアイも出走を表明しているので、決して楽な競馬にはならないだろう。

 しかし、それらを承知の上でも、若くてイキの良いジョッキーと、先行力を武器に出来る馬には一発の魅力を感じる。彼等の天皇賞での好走も期待したい。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
スティッフェリオ
丸山元気

競馬の前後の記事

ページトップ