Number on NumberBACK NUMBER

バスケ日本代表の苦闘。
~五輪での勝利は1972年が最後~

posted2019/09/23 15:00

 
バスケ日本代表の苦闘。~五輪での勝利は1972年が最後~<Number Web> photograph by AFLO

最終的に日本は5戦5敗で今大会31位。最も僅差の試合でも13点差をつけられていた。

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

AFLO

 バスケットボールのワールドカップで日本代表は勝利を目指していたトルコ戦、チェコ戦に敗れて、大会の歴史上で初めてとなる欧州勢からの勝利はならなかった。日本は1963年に初めて出場して以来、2019年が通算で5度目の出場だったが、欧州勢の優れたプレーを見せつけられる大会となった。

 バスケットボールのワールドカップは、2010年の大会まで世界選手権という名称で開催されていた。世界選手権は'50年から始まっているが、'50年の出場国は10カ国で、五輪より開催規模が小さい大会だった。五輪のバスケットボールは'36年からだが、'36年、'48年、'52年の3大会は23カ国が出場していた。やがて五輪は、正式競技が増えて大会が大きくなるにつれて、ひとつの競技の開催規模は小さくなって、'76年からは12カ国の出場となった。世界選手権は大会を重ねる中で出場国が増えて、'90年の大会から16カ国、'06年の大会から24カ国、'14年からワールドカップという大会名になって、'19年は32カ国まで出場国が増えた。五輪とワールドカップは、二つの世界大会になったと言える。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1559文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

桜の出陣

Sports Graphic Number 986

桜の出陣

 

関連記事

バスケットボールの前後の記事

ページトップ