オリンピックPRESSBACK NUMBER

中村匠吾は「天性の夏ランナー」。
MGC優勝を導いた1年前の完璧な準備。 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2019/09/17 11:45

中村匠吾は「天性の夏ランナー」。MGC優勝を導いた1年前の完璧な準備。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

五輪切符のかかる大舞台で、冷静な走りで優勝した中村匠吾。

わずか1リットルの給水で走りきった。

 また、中村自身の言葉を使えば現段階では「僕が暑さに強いという科学的根拠はない」が、日本陸連による分析などが進めば手持ちのカードも増えていく。

「今回はスペシャルドリンク以外にも水や氷などを用意してもらったので、それを確実に取って水分補給を意識したのが良かったと思う。給水は多分1リットルくらい。気温はそこまで上がりませんでしたが(フィニッシュ時28.8度)、それが最後の2.195キロをしっかり上がれた要因かなと思う」

 わずか1リットルの摂取という少なさには驚くばかりだが、ともあれ40キロを過ぎてからの2.195キロは6分18秒。

 かつてラスト100mを11秒台で走る余力を誇った瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは「私はラスト6分22秒だった。中村君は相当速いラストの上がりです。こういうラストの上がりをすると東京五輪でも通用すると思う」と称える。

「昔から夏はレースや練習を含めて大崩れしたことがなくて、毎年だいたい8月、9月に体のピークを持ってこられる。それが一番なのかなと思う」(中村)

 汗をかかない。暑さに強い。夏に自然とピークが来る。アクシデントにも動じない図太さがある。高所トレーニングがよくハマる。そして今回のレースでは、最後の坂道の使い方も含めてコースの特徴をほぼ完全に掌握した。勝ちパターンを手に入れた天性の夏ランナーが東京五輪を突っ走ってくれそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
中村匠吾
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ