F1ピットストップBACK NUMBER

ビアンキの死から4年、新たな犠牲者。
フランスの22歳、ユベールを悼む。

posted2019/09/15 20:00

 
ビアンキの死から4年、新たな犠牲者。フランスの22歳、ユベールを悼む。<Number Web> photograph by Getty Images

ベルギーでのユベールに捧げるF1初勝利に続き、イタリアで2連勝を果たしたルクレール。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

Getty Images

 また、悲しい事故が起きてしまった。

 ベルギーGPのサポートレースとして、8月31日(土)にスパ-フランコルシャン・サーキットで開催されていたF2選手権のレース1で、フランス人のアントワーヌ・ユベールがクラッシュに巻き込まれ、事故から約1時間半後の18時35分に、22歳の若さで命を落とした。

 ユベールとクラッシュしたファン・マヌエル・コレア(アメリカ)は、両足の骨折と軽度の脊椎損傷を負い、地元リエージュ大学病院で手術が行われた後、専門的な治療を受けるために渡英したが、その後容態が悪化。急性呼吸不全のために現在は集中治療室での治療が続いており、予断を許さない状況にある。

 事故後、F2のベルギーでのレース1は直ちに中止され、翌日に予定されていたレース2も中止が決定された。 

 F1グランプリ開催中のイベントで起きた事故でドライバーが死亡するのは、2014年の日本GPでクラッシュし、翌年7月17日に亡くなったジュール・ビアンキ(フランス)以来の悲劇となった。 

「それだけの価値が本当にあるのか?」

 5年ぶりの痛ましい事故に、レース界が動揺したのは言うまでもない。この日、メルセデスは18時から育成ドライバーだったエステバン・オコンのルノー移籍会見を予定していたが、急きょキャンセルした。

 フランス人のオコンは、少年時代にユベールとカートでレースをした経験がある。オコンだけではない。F1ドライバーの多くが、ユベールの死に言葉を失っていた。 

 ユベールはルノー・スポール・アカデミーの一員だった。そのルノーで現在F1のステアリングを握るダニエル・リカルドは、いつもとは違う感情の中で、翌日のレースを戦おうとしていた。

「レース前夜、自問したよ。『それだけの価値が本当にあるのか?』って」(リカルド)

【次ページ】 ユベールならば、走るだろう。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アントワーヌ・ユベール
ジュール・ビアンキ

F1の前後のコラム

ページトップ