サッカー日本代表「キャップ1」の男たちBACK NUMBER

「サッカーA代表、最後の覚悟」
過去と今と。酒井友之の小さな後悔。 

text by

吉崎エイジーニョ

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

PROFILE

photograph byKazuya Gondo/AFLO SPORT

posted2019/09/10 12:05

「サッカーA代表、最後の覚悟」過去と今と。酒井友之の小さな後悔。<Number Web> photograph by Kazuya Gondo/AFLO SPORT

2000年12月、日韓戦での酒井友之。2013年8月に現役引退。その後、浦和に戻って指導者の道を歩む。現在は同クラブのジュニアユースコーチを務める。

「海外に行ってみたい」という思いは。

 最近の日本代表の動向ももちろん追っている。若い選手について、羨ましいと思うことがある。

「代表で活躍する前から、海外に行けるでしょう。この点は僕たちの時代にはなかったこと。中田ヒデ(英寿)さんのような一握りの選手しかいけませんでしたから。僕もユースで活躍できた頃、『海外に行ってみたいな』という思いはありましたから」

 いっぽう、チームはここから東京五輪を経て、W杯に向けての世代間の融合がなされていく。これについて、想像することがある。

「どんなに欧州でプレーしていても、A代表での競争はまた、別物だと思いますよ。若い選手は僕らの頃よりも大変な部分もあるでしょう。僕らの場合は、年齢に臆することが少しあった。いっぽう今の選手は、欧州の知られたクラブで実績のある選手に挑むわけじゃないですか。しっかりと勝負していってほしいな、と思います」

 1試合だからこそ鮮烈に切り取られるA代表の記憶。19年前に酒井が戦ったチームを、時を経て引き継ぐ選手たちは、ミャンマーでの戦いを皮切りに2022年W杯予選に挑む。時代が変わろうとも、変わらないもの。それは、日本代表が「これが最後」という覚悟の集合体でもあるという点だ。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
酒井友之
中島翔哉
フィリップ・トルシエ
ジェフユナイテッド市原
浦和レッズ
ラモス瑠偉

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ