“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

吉田麻也、昌子源だけじゃない。
植田直通に芽生えたリーダーの自覚。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2019/09/07 11:30

吉田麻也、昌子源だけじゃない。植田直通に芽生えたリーダーの自覚。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

パラグアイ戦の後半に出場した植田直通。吉田麻也とのコンビに手応えを感じていた。

磨かれたダイヤの原石。

 思わず「成長したね」と問いかけた。

「はい、成長しましたね(笑)。僕ってやっぱり話しかけづらかったと思うんですよね(笑)」

 筆者との会話を終えた後、先に進んだミックスゾーンの端っこで、再びメディアへの質問にハキハキと答えていた。気がつけば、ミックスゾーンを通過した全選手の中で最後まで残っていたのが植田だった。

 その姿を見ながら、改めて筆者は初めて会ったときとのことを思い出していた。

 高校1年生とは思えない身体能力を持ちながらも、ここまで荒削りな選手はなかなか見たことがなかった。これから磨かれようとしているダイヤの原石は、いびつな形だったが、とても眩しく見えた。本当に素直な少年だった。

 その要素は現在も持ち合わせながら、彼は大人になった。

 ミックスゾーンで醸し出した柔らかさは、まさに成長の証でもあった。吉田、昌子だけではない。新たなDFリーダーはここにいる。彼は今、その主張を表現しようとしている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
植田直通
セルクル・ブルージュ
吉田麻也
昌子源

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ