有料記事一覧ページ新設のお知らせ

話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

ガンバ大阪が陥ったネガティブの罠。
宮本恒靖監督は率先して変われるか。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/09/04 08:00

ガンバ大阪が陥ったネガティブの罠。宮本恒靖監督は率先して変われるか。<Number Web> photograph by Getty Images

宮本恒靖監督はガンバ大阪にとって重要な人物である。それだけに苦悩も深いのだろう。

選手を乗せるのも監督の仕事。

 宮本監督は一途ゆえ、こうと決めたらなかなか翻意しないが、戦い方や選手起用を含めて何も変わらなければこの豪華メンバーで降格争いをせざるをえない状況になる。選手に何かを求めるには、監督自身の変化も見せないと難しい。このままでは逆にいろんなものを失いかねない。

「おまえら、思い切りやってこい。責任は全部、俺が取る」

 難しいことを言わず、そういう声を明るく選手にかけられる監督になれるかどうか。選手をうまく乗せて、気持よくプレーさせるのも監督の務めだ。

 鳥栖戦までの2週間、宮本監督はチームより先に自らに変化を生じさせることができるだろうか――。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
宮本恒靖
ガンバ大阪

Jリーグの前後のコラム

ページトップ