Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<失意の帰国からの成長録>
久保建英とFC東京の1483日。

posted2019/09/03 15:00

 
<失意の帰国からの成長録>久保建英とFC東京の1483日。<Number Web> photograph by Kenichi Arai

text by

馬場康平

馬場康平Kohei Baba

PROFILE

photograph by

Kenichi Arai

13歳の春。バルセロナからの帰国は、本意ではなかった。それでも進化は止まらなかった。FC東京での4年2カ月で、いかにしてフットボーラーとしての能力を磨いたのか。成長の軌跡を、恩師とのエピソードと本人の言葉で辿る。(Number985掲載)

 2019年6月29日、雨が降る味の素スタジアムで、久保建英はマイクの前に立った。「あ」のマイクチェックから「まずは」と言い、昨季途中から半年間プレーした横浜F・マリノスのサポーターに向けて感謝の思いを口にした。

 そして、'15年3月に帰国して以来、多くの時間を過ごしてきたFC東京への思いを語った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3388文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

久保建英
FC東京
横浜F・マリノス

Jリーグの前後の記事

ページトップ