ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

二軍から復帰の戸柱恭孝。屈辱的な
状況を支えた家族と野球への思い。
 

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/09/01 09:00

二軍から復帰の戸柱恭孝。屈辱的な状況を支えた家族と野球への思い。<Number Web> photograph by Kyodo News

8月29日のヤクルト戦で7回1死満塁のピンチを併殺で切り抜けベンチに戻る戸柱(左)とピッチャーの石田。

「そこへ投げさせた自分が悪い」と考える。

 これまでリードに問題はあったのかもしれないが、戸柱を見ていて思うのは、ピッチャーの投げたボールが甘かったり、逆に入った際、長打を浴びるケースが多かったことだ。ある意味、自分でコントロールできない事象に対しても、戸柱は自分なりの見解を持っている。

「確かにそういうこともありますが、『そこへ投げさせてしまった自分が悪い』と最近は思っています。甘いところへ投げさせないために、『その前の配球をこうしておくべきだった』、『ここを要求しておけば、そこへ投げることはなかったんだ』、などと考えるようにしています。そこはこっちも腹をくくって対応しているし、とにかく(出場する)試合数が少ないなか、そうやって進んでいかないと上手くいかないと思うんですよ」

 戸柱に話を訊いたこの日、先発はルーキーの上茶谷大河だったが、ミットとは逆にいった甘いボールをヤクルトの村上宗隆にスタンドまで運ばれた。ただ、ボールが浮き気味になりコントロールに苦しんだ上茶谷を戸柱が粘り強くリードしていた姿は印象的だった。
「なんとか我慢できましたね。カミチャ(上茶谷)も疲れがたまっているなか、しかも中5日でよく頑張ってくれました。今日はカミチャを褒めてやってください」

 そう言うと戸柱は笑顔を見せた。

DeNAにとっては落とせない試合がつづく。

 さて、シーズンも佳境に入り、首位をうかがうDeNAにとっては落とせない試合がつづく。チームにとって大事な局面であると同時に、戸柱にとっても勝負所であることは間違いない。いずれ伊藤光が戻ってくれば、再び厳しい競い合いを強いられる。当然、戸柱としても絶対にポジションは譲れないという強い思いはあるだろう。

「もちろん選手としてはそういう部分は必要だと思うのですが……」

 戸柱は考えを巡らせるような表情をして言い淀んだ。

「それよりも、今チームはいい位置にいて優勝も狙える。監督はその日、一番いい選手を使うわけですから、僕としては出場したら全力が出せるようにしたい。キャッチャーひとりずつ、ちがう個性があるのでチームとしてはそれを活かせればいいと思うんです」

【次ページ】 戸柱を支えたものは何だったのか?

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
戸柱恭孝
横浜DeNAベイスターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ