Number on NumberBACK NUMBER

2年目の村上宗隆。
~清原の29本塁打をすでに突破~

posted2019/08/31 08:30

 
2年目の村上宗隆。~清原の29本塁打をすでに突破~<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

2017年のドラフト会議で、村上には抽選で清宮幸太郎を外したヤクルト、巨人、楽天の3球団が競合した。

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 ヤクルトの村上宗隆が高校出の2年目としては、歴史に残る成績になることが間違いなさそうだ。8月22日時点で30本塁打、85打点となっていて、両方でセ・リーグのタイトルを争っている。高校出の2年目ながら、村上は2月の生まれで、まだ19歳だ。10代の野手としては、清原和博が1年目に樹立した31本塁打という10代の本塁打記録を塗り替える可能性が十分で、達成されれば大いに注目されるはずだ。

 高校出の2年目という条件でプロ野球の歴史を見ていくと、対象になる野手の数は広がるが、村上の成績は、歴代の打者と比較しても、すでに優れたものとなっている。歴史上の価値をくわしく見てみよう。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

東京ヤクルトスワローズ
村上宗隆

プロ野球の前後のコラム

ページトップ