ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

二軍から復帰の戸柱恭孝。屈辱的な
状況を支えた家族と野球への思い。

posted2019/09/01 09:00

 
二軍から復帰の戸柱恭孝。屈辱的な状況を支えた家族と野球への思い。<Number Web> photograph by Kyodo News

8月29日のヤクルト戦で7回1死満塁のピンチを併殺で切り抜けベンチに戻る戸柱(左)とピッチャーの石田。

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph by

Kyodo News

「また試合に出はじめたら取材してくださいよ」

 横浜DeNAベイスターズがクライマックスシリーズ争いをしていた昨年の秋のことだ。横須賀の二軍施設で黙々と練習をする戸柱恭孝の姿があった。

 戸柱は7月後半にファーム落ちすると、チームの力になれないままの状態がつづいていた。この日は休養日にもかかわらず、戸柱はユニホームを着用し、額に汗を浮かべていた。話しかけてくれたその声色は快活であり、練習中の目線は真っすぐで不屈のハートを感じさせた。

 ルーキーイヤーと2年目はレギュラーとして試合に出場しつづけた戸柱だったが、3年目の昨季の出場数は25試合。スタメンマスクをかぶったのはわずか12試合だった。入団以来初のファームを経験し、順調かと思われたキャリアは突然の暴風雨にさらされた。

 もがき苦しむ日々。試合途中からマスクをかぶることはそれまであまり経験がなかった。

途中からゲームに入る難しさ。

 戸柱は当時を振り返る。

「昨年は試合途中からいく難しさを改めて知りましたね。ベンチからバッターの反応とかを見て考えるのですが、いざ途中からゲームに入ると、こんなに違うんだと戸惑うことも多かった。上手くいかへんなと思いながらも、抑えなくてはいけないという気持ちが強すぎてマイナスの部分が出てしまったのかと……」

 さて4年目の今シーズン、心機一転といきたいところだったが、戸柱は容易に暗雲を振り払うことはできなかった。

 正捕手には伊藤光が鎮座し、絶対的な存在感を示していた。スタメンのチャンスをもらうこともあったが、ときに大量失点を喫してしまい、そのたびに登録抹消を繰り返してきた。

【次ページ】 データは8割、フィーリングが2割。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

戸柱恭孝
横浜DeNAベイスターズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ