Number ExBACK NUMBER

イチローが語る唯一無二の天才論と、
「鈴木一朗」と「イチロー」の距離。 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2019/08/31 11:30

イチローが語る唯一無二の天才論と、「鈴木一朗」と「イチロー」の距離。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

イチローは2001年の渡米直前、「天才(と自分を)言うな!」と話していた時期があった。

先駆者だなんてちゃんちゃらおかしい。

 まもなく、メジャー7年目のシーズンが幕を開ける。イチロー以降、日本人の野手が次々と海を渡った。時代を創った“先駆者”としての矜持があってもおかしくない。しかしイチローは先駆者と呼ばれることを拒む。

「だって、そんなことを僕が受け入れてしまったら、『キミはそんなに大きい存在なの』って言われてしまうでしょう。僕は自分がメジャーでやりたくて行っただけですから、結果的にどうなろうとも自分のためにやったまでです。後から『日本球界のためになった』とか、『先駆者』だとか、そんな解釈を僕にぶつけないでほしい。僕が先駆者だなんて、ちゃんちゃらおかしいですよ」

 イチローはこちらの意図を見透かしたかのようにそう言い放って、笑っていた。

『イチロー・インタビューズ 激闘の軌跡 2000-2019』

「Amazon」で購入

Number Books

『イチロー・インタビューズ 激闘の軌跡 2000-2019』

2000年、メジャーリーグ挑戦直前のインタビューから、2019年3月、現役引退直後にシアトルで行われたロングインタビューまで、「Sports Graphic Number」を中心に20年間、100時間を超える単独インタビューを完全収録!

彼が私たちに見せてくれた幾多のプレーと同様に、その言葉どんなときも美しく、力強い。

<本体1,800円+税/石田雄太・著>

書籍紹介ページへ(文藝春秋BOOKS)

関連記事

BACK 1 2 3 4
イチロー

MLBの前後の記事

ページトップ