プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

飯伏幸太も浮上で混沌のG1戦線……。
内藤哲也に残されたわずかな可能性。 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2019/08/06 11:40

飯伏幸太も浮上で混沌のG1戦線……。内藤哲也に残されたわずかな可能性。<Number Web> photograph by Essei Hara

どこまでも内藤流を貫き通すが……今夏のG1では他力に頼らざるを得ない崖っぷちまで追い込まれてしまった。

オカダ連勝ストップ、飯伏単独2位……。

 内藤ファンはより複雑な展開を想像してみる価値があるだろう。

 今夏の大会、まだ、引き分けは1試合もないが、引き分けまで考えると想像をもっと楽しむことができるだろう。

 一方、Aブロックは3日に、オカダ・カズチカの連勝がついにストップした。今年3度目となったSANADAとの対戦で「武道館は消化試合にする」と言っていたオカダの思惑が崩れた。29分47秒という時間切れ寸前でSANADAのムーンサルト2連発を浴びてオカダは敗れた。

「一番負けたくないやつ」とライバル視しているSANADAにオカダは悔しさをにじませた。

 同日、昨年のG1優勝決定戦以来の対決で、飯伏幸太が棚橋弘至をヒザで粉砕、棚橋に3つ目の黒星をつけた。飯伏はオカダに1勝差で単独の2位だ。

 飯伏は7日の浜松でザック・セイバーJr.に勝って、10日の日本武道館でオカダを倒せれば、自力で2年連続の優勝決定戦に進出できるのだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

内藤哲也
ジョン・モクスリー
飯伏幸太
石井智宏
後藤洋央紀
鷹木信悟
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ