甲子園の風BACK NUMBER

地方大会の投球回数が甲子園に影響?
最多は1人で60回を投げた投手も。
 

text by

田澤健一郎

田澤健一郎Kenichiro Tazawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/08/05 20:00

地方大会の投球回数が甲子園に影響?最多は1人で60回を投げた投手も。<Number Web> photograph by Kyodo News

開会式のリハーサルも終わり、あとは開幕を待つだけ。全ての球児に夏を全うしてほしい。

地方大会の甲子園での影響を見極めたい。

 となると、やはり心配なのは鳴門の西野だ。1回戦と2回戦の間が中2日であった以外は中1日、準決勝、決勝は連戦である。しかも雨の影響で大会終了は7月30日と開幕1週間前。

 さらに初戦から鳴門渦潮、徳島科技、徳島北、徳島商、富岡西と、手ごわい相手が続いただけに心身の疲労が気になる。甲子園の初戦が第4日となったのは、ベストではないが幸いだろう。

 こうした地方大会における各校の投手陣運用が上位進出にどう影響してくるか。そんな視点でも夏の甲子園をウォッチしてみたい。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5

高校野球の前後の記事

ページトップ