本継!SPORTS BOOKリレーBACK NUMBER

『疾風になりたい「9秒台」に触れた男の伝言』
「強い」ランナー・伊東浩司の
切実な言葉が響く、私のバイブル。 

text by

佐藤多佳子

佐藤多佳子Takako Sato

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2019/08/07 07:30

『疾風になりたい「9秒台」に触れた男の伝言』「強い」ランナー・伊東浩司の切実な言葉が響く、私のバイブル。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『疾風(かぜ)になりたい「9秒台」に触れた男の伝言』伊東浩司著 月刊陸上競技編集 出版芸術社 1600円+税

 高校生スプリンターの物語『一瞬の風になれ』を書くために、陸上競技の本を色々読んだ。名著が数ある中で、私のバイブルは迷いなく本書だ。タイトルが自然に随分と近寄ってしまい、レース展開の一つを借用したりもしている。伊東さんに取材をお願いした時に、大変緊張しながらお詫びとお礼を申し上げた。

 伊東浩司の名は、10.00の100m日本記録と共に多くの人の記憶に刻まれている。2017年桐生祥秀が、2019年サニブラウン・ハキームが、9秒台の世界に到達し更新するまで二十年近く、不動の記録だった。伊東選手は、鳥取のトレーニングジムで初動負荷理論を学び、当時は異端とされた、膝を高く上げない独特のすり足走法のパイオニアとなった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

伊東浩司

陸上の前後のコラム

ページトップ