メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

花巻東と佐々木朗希への思い――。
大谷翔平が“決勝前”に話した言葉。 

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2019/07/27 09:00

花巻東と佐々木朗希への思い――。大谷翔平が“決勝前”に話した言葉。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

母校とともに佐々木朗希への思いを述べた大谷翔平。自身も二刀流復帰へ向けて着々と歩みを進めている。

ポストシーズンのウルトラCプラン。

 現在、リハビリスタッフから課せられているスピードリミットは70マイル(約113キロ)程度と言う。もっとスピードは出せる状態なのかを問うと彼は再び笑いながら答えた。

「まぁ、(手術前は)100マイル(約161キロ)くらいは投げていたので(笑)。はい、もっと出るんじゃないかと思います(笑)」

 リハビリの段階を順調に上がっていることを示すエピソードと言えた。

 来季の二刀流復帰へ確かな光が差し込む中、エンゼルスは貯金を5まで増やし(7月25日現在)、ワイルドカードでのポストシーズン進出の希望が出てきた。すると気の早い米国の番記者はそのためのウルトラCプランを用意。ポストシーズンの大一番は大谷が先発というストーリーにしたかったらしいが、これには大谷もブラッド・オースマス監督も完全否定。米国メディアらしい突飛なアイディアに誰もが苦笑するばかり。

 兎にも角にも、来季の二刀流完全復帰へ向け、視界は良好だ。

高校野球が教えてくれた。

Sports Graphic Number 983

高校野球が教えてくれた。

 

関連記事

BACK 1 2 3
大谷翔平
佐々木朗希
花巻東高校
ロサンゼルス・エンゼルス

MLBの前後の記事

ページトップ