SCORE CARDBACK NUMBER

レースも選手権も「最速」、
ハミルトンの王者決定戦はどこ?
~鈴鹿で決まれば12回めに~

posted2019/07/25 15:00

 
レースも選手権も「最速」、ハミルトンの王者決定戦はどこ?~鈴鹿で決まれば12回めに~<Number Web> photograph by Getty Images

クラウド・サーフィンで観衆と勝利を祝うハミルトン。最速ラップはなんとコースレコードを3秒以上更新した。

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 ハミルトンの「スピード・フェスティバル」のようだった。昨年を上回る観客35万1000人が詰めかけた、超満員のシルバーストーン・サーキット。第70回イギリスGPを盛り上げるファンの前で母国GP6勝目、彼は期待に応えてみせた。これは'60年代の英国人天才レーサー、J・クラークとA・プロストの5勝を超える最多勝利である。

 予選は最速のボッタスに0.006秒差の2位、5年連続のPP獲得はならなかった。それでも淡々と自信あり気だったハミルトンはスタート後からフェアな“チームメイト・バトル”を展開。各コーナーでボッタスを攻めたてる姿に大声援が湧き上がる。2人のピット戦略は分かれ、ボッタスよりも先延ばしにした彼が17周目に1位へ。するとコースアウトしたマシン撤去のためにセーフティーカーが出動。これはハミルトンにはジャスト・タイミング、20周目に素早くピットで硬めのハードタイヤに交換して首位をキープした。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ルイス・ハミルトン

F1の前後のコラム

ページトップ