スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

箱根で優勝すれば71年ぶりの快挙。
明治大学を蘇らせたエースの人間性。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2019/06/27 17:00

箱根で優勝すれば71年ぶりの快挙。明治大学を蘇らせたエースの人間性。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

2019年の箱根駅伝では、17位。しかし今シーズンはシード権獲得候補との声も大きい。

2019年は明治の年なのか。

 今回の選考会では3位に入ったライバルである早稲田大の相楽豊監督は、

「早稲田としてはトップ通過を狙っていったんですが、東京国際大さん、明治さんともに隙がなかったですね。この両校とは箱根の予選も争うことになるので、気を引き締めて夏合宿を迎えないといけません」

 と警戒していた。

 ようやく明治は本格化しそうだ。

 今季に限っていえば、明治は取りこぼしやブレーキの可能性が極めて少ないチームになるだろう。

 明治のスポーツはいま、波に乗っている。

 正月のラグビー大学選手権では、22年ぶりの優勝。

 6月に行われた野球の大学選手権では、38年ぶりの優勝。

 2019年、今年は明治の年なのか。

 ちなみに、明治が箱根駅伝で最後に優勝したのは昭和24年、1949年のことである。

関連記事

BACK 1 2 3
明治大学

陸上の前後の記事

ページトップ