オリンピックPRESSBACK NUMBER

伊調馨、登坂絵莉も優勝できず……。
レスリング東京五輪争いが熾烈すぎ。
 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byNaoki Morita/AFLO SPORT

posted2019/06/18 12:15

伊調馨、登坂絵莉も優勝できず……。レスリング東京五輪争いが熾烈すぎ。<Number Web> photograph by Naoki Morita/AFLO SPORT

全日本選抜レスリング選手権大会(明治杯)で憧れの登坂絵莉(左)との初対決を制した須崎優衣。世界選手権の出場権をかけてプレーオフに挑む。

加速する「東京」への争い。

 須崎が今大会における三つ巴戦を制しただけで、ドラマは終わりではない。

 来る7月6日、須崎は世界選手権出場の切符を掴むため、全日本選手権優勝者の入江とのプレーオフに臨む。

「東京オリンピックに出るための(国内)最後の闘い。強い信念を持って、世界選手権代表になりたい」

 世界選手権でメダルを獲得すれば、女子50kg級はオリンピック出場枠を獲得し、その選手は出場権を手にすることができる。対する入江も静かに闘志を燃やす。

「まだここで終わったわけではない」

 同日には今大会で激闘を繰り広げた樋口vs.乙黒や川井vs.伊調のプレーオフも行なわれる。東京オリンピックに向けての代表レースはさらにヒートアップするのか。

関連記事

BACK 1 2 3 4
須崎優衣
入江ゆき
登坂絵莉
川井梨紗子
伊調馨
乙黒拓斗
樋口黎
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後の記事

ページトップ