Sports Graphic Number WebBACK NUMBER

<「2019世界柔道」直前インタビュー vol.2>
“リオ組”の現在地。 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2019/07/04 11:00

<「2019世界柔道」直前インタビュー vol.2>“リオ組”の現在地。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

左から、男子73kg級・大野将平(旭化成)、男子100kg超級・原沢久喜(百五銀行)、男子60kg級・高藤直寿(パーク24)、女子63kg級・田代未来(コマツ)

田代がリオ五輪後に味わった屈辱。

 高藤が言うメダルの差をもっとドラスティックな形で味わったのが、今大会で女子唯一のリオ組となる63kg級の田代未来である。

 メダルラッシュだったリオ五輪の柔道代表で、田代は78kg級の梅木真美とともに2人だけメダルを獲り逃した。

「いろんな選手が話していると思うけど、リオから帰国した空港が一番屈辱的でした」

 飛行機を降り、手荷物を受け取って、出口に向かう前に一度日本の選手団で集合する。田代は代表の南條充寿監督やコーチ陣から「また頑張れ」と声をかけられ、あらためて涙を浮かべて泣いていた。

 そんなときに頭をスコーンと叩かれるような誘導係の一言が聞こえた。

「メダリストの方はこちらから出てください。ファンの方が待っていますので。それ以外の方はセレモニーが終わってから出てきてください」

 “それ以外の一人”だった田代はあまりの悔しさにスッと涙が引いていったという。

「これが現実かと。本当に『覚えておけよ』って思ったんです。弱かったのは自分だから(そういう扱いは)自分のせい。その屈辱が今はすごく大きな力になってます」

「結局、自立できていなかったんです」

 そこから田代がまずしたことは左手首の手術を受けることだった。

 TFCC(三角線維軟骨複合体)と呼ばれる組織の縫合手術を受け、ドアノブも回せなかった手首の状態が大きく改善した。手首だけではない。約半年の療養期間で柔道への取り組みをもう一度見つめ直した。

「リオで負けて何が足りなかったのかをいろいろ考えたんです。いざリオの畳に上がったときに不安だったんですよ。すごく練習してきたのになんでだろうって。結局、自立できていなかったんです。ただ頑張っていただけで、練習自体も自分で考えたものではなかった。だからレベルの高いものじゃなかったんですよね。それじゃ勝てないんだなと」

 これまで田代と言えばいつも故障がつきものだった。それは疲労を抱えているのに闇雲に練習したからだと気づいた。体のケアから休養の取り方まできちんと考えて実践するようになると、コンディションはぐんぐんと上がっていった。

 昨年の世界柔道では、最大の壁であるクラリス・アグベニュー(フランス)に敗れたものの銀メダル。そして迎える今年の大会への期待値はかつてないほど高い。

「これだけピークの状態で臨める世界柔道はもしかしたら最後かもしれない。今までで一番いいコンディションで臨める。まだ一度も金メダルを獲っていないので、そこを目指していきたい」

 田代が抱くこれまでとは違う自信と経験。五輪1年前の2019世界柔道を戦うリオ組の胸にもそれぞれ宿っている。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4
大野将平
原沢久喜
高藤直寿
田代未来

格闘技の前後の記事

ページトップ