サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

トゥーロン決勝進出、旗手怜央の志。
PK戦5人目を“蹴らせろ”の視線。 

text by

林遼平

林遼平Ryohei Hayashi

PROFILE

photograph byMEXSPORT/AFLO

posted2019/06/13 16:30

トゥーロン決勝進出、旗手怜央の志。PK戦5人目を“蹴らせろ”の視線。<Number Web> photograph by MEXSPORT/AFLO

日本代表がトゥーロン国際大会で決勝進出するのは初の快挙。東京五輪世代がしっかりと結果を残している。

ブラジルにも勝てるチャンスはある。

 もちろん「もっともっとゴールに向かっていくプレーは出していかないと、相手にとって怖い存在にはなれないと思う。そこはチャレンジしたい」と言うように、決して全てに満足しているわけではない。相手にとってより“怖い存在”となる。そのためにやるべきことがまだまだあると、さらなる成長を見据えている。

「なんでもできる選手ではないけど、攻撃に特化したというか、自分でも行けて、人もうまく使って、アシストもできる。そういった選手は相手からすると嫌な存在、止められないような存在だと思う。

 そういったプレーができるようになれば、もっと怖い存在になれる。今そういう存在はあまり日本にはいないと思うので、そういったところを目指していきたいです」

 決勝の相手はブラジルに決まった。ここまで15得点無失点と圧倒的な力を見せているチームだけに「決勝にふさわしい相手」であることは間違いないだろう。

 それでも旗手は「自分たちにも勝てるチャンスがある」と前を向く。

 決勝までたどり着いた力はフロックではない。そして、自分たちの力を証明する最高の舞台が整った。

 チーム全員でつかんだ決勝の舞台。「優勝しないと決勝まで来た意味がない」と言い切った男は、次なる結果を求めて戦場に立つ。

関連記事

BACK 1 2 3
旗手怜央
横内昭展

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ