サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

トゥーロン決勝進出、旗手怜央の志。
PK戦5人目を“蹴らせろ”の視線。

posted2019/06/13 16:30

 
トゥーロン決勝進出、旗手怜央の志。PK戦5人目を“蹴らせろ”の視線。<Number Web> photograph by MEXSPORT/AFLO

日本代表がトゥーロン国際大会で決勝進出するのは初の快挙。東京五輪世代がしっかりと結果を残している。

text by

林遼平

林遼平Ryohei Hayashi

PROFILE

photograph by

MEXSPORT/AFLO

 1人目、2人目の名前が呼ばれる。そこに自分の名前はない。3人目、4人目が呼ばれる。そこにも名前はなかった。

 残すはあと1人。誰を選ぶのか考えた横内昭展監督代行は、そこで1つの視線に気づくことになる。

「すごくオレを見ていて『蹴るのか』と聞いたら『蹴りたいです』と。『自信あるから蹴ります』と言ったんです」(横内監督代行)

 フランス南部の都市、マルセイユ郊外で行われているトゥーロン国際大会。日本は初の決勝進出をかけて準決勝でメキシコと対戦した。常にリードを許す難しい展開の中で、日本は2度追いつき、90分を終えて2-2で後半終了。大会規定により延長戦は行わず、勝敗はPK戦に委ねられることとなった。

PKをあまり蹴らなくても自信が。

 そこで最後のキッカーとしてPKスポットに立ったのが順天堂大の旗手怜央だった。

「ちょっと見ていたくらいです。呼ばれないかなって」と笑顔を見せる男は、当時の状況を回想する。

「横さん(横内監督代行)は4人目までしか言わなかった。それで5人目、誰になるのかなと思ったんですけど、なんとなく自分が呼ばれるだろうなと思っていた。それで横さんの顔を見ていたら『レオ』と言ってくれた。自分の中で準備はできていました」

 PK戦はメキシコが1本外したのに対して、日本は4人全員が成功。最後のキッカーとなった旗手が決めれば、勝利を決定づけられるところまで来ていた。前日のトレーニングでPKを外していた旗手からすれば、不安に襲われても不思議ではない場面。それでも自分の中には絶対的な自信があった。

「自分が決めれば勝ちという場面のPKはあまり蹴ったことがなかった。でも、PKは自分が覚えている限りほとんど外したことがない。だから自信はありました」

【次ページ】 小川航基の同点弾をお膳立て。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

旗手怜央
横内昭展

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ