プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

KOされたIWGP王者オカダ・カズチカ。
“ペインメーカー”が与えた屈辱の痛み。 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2019/06/10 17:00

KOされたIWGP王者オカダ・カズチカ。“ペインメーカー”が与えた屈辱の痛み。<Number Web> photograph by Essei Hara

試合後、場外で完全にKOされていたオカダ・カズチカを救ったのは、棚橋弘至だった……。

ベルトはまだオカダのものだが……。

 ジェリコはその額のオカダの顔が描かれたレインメーカー・ドル札を指さした。

「オカダ! IWGPのベルトがオレのものでなく、オマエのものであることは認めよう。何度でも戦ってやる。腕もヒザも痛めつけ、犬を蹴飛ばすように扱ってやる。

 ただレインメーカーよ、カネの雨が降るっていうのは、なかなか見ごたえのあるシーンだ。

 ほら、オレの額にそのうちの1枚がくっ付いている。床に落ちたんじゃない。オカダがオレの額にいるんだ。それがすべてだ」

 ジェリコは最後に言った。

「“ペインメーカー”がどうだったかは、オカダに聞いてみろ。だけど今夜のオカダはしゃべれないらしいな。

 じゃあ、オレが代わりにコメントを出してやるよ。

『ハロー。ボクの名前はオカダです。ペインメーカーにこっぴどくやられました』

 これでいいだろう!」

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

オカダ・カズチカ
棚橋弘至
クリス・ジェリコ
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ