SCORE CARDBACK NUMBER

リングシューズを脱ぐ革命戦士、
長州力が22年前に語った引退論。
~右腕を真っ直ぐ伸ばす自信とは~

posted2019/06/07 07:30

 
リングシューズを脱ぐ革命戦士、長州力が22年前に語った引退論。~右腕を真っ直ぐ伸ばす自信とは~<Number Web> photograph by AFLO

'00年7月、大仁田との現役復帰戦での長州。WJプロレス旗揚げや新日本再復帰を経て、2度目の引退を決意した。

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph by

AFLO

 ジャイアント馬場、アントニオ猪木の時代に風穴を開けた“革命戦士”長州力が、令和元年の初夏、「しんどくなった!」と体力の衰えを理由に、レスリングシューズを脱ぐことになった。

 自らの入場テーマ曲を大会名に、6月26日、東京・後楽園ホールで引退興行『POWER HALL 2019』が開催される。

 その長州は、越中詩郎、石井智宏とトリオを組み、藤波辰爾、武藤敬司、真壁刀義組との6人タッグマッチで45年間のプロレス血風録に幕を下ろす。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

長州力

プロレスの前後のコラム

ページトップ