【NSBC補講I】 池田純のスポーツビジネス補講BACK NUMBER

【NSBC第3期 スペシャルトーク】
池田純×松下浩二Tリーグチェアマン
「Tリーグ、1年目を徹底的に総括する」
 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2019/06/04 08:00

【NSBC第3期 スペシャルトーク】池田純×松下浩二Tリーグチェアマン「Tリーグ、1年目を徹底的に総括する」<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

松下チェアマン(右)は、Tリーグ1年目を「70点」と総括。残り30点プラスアルファについいて、池田氏とのトークはアイデア満載だった。

グッズは無料配布の方が結果的にお金になる?

松下 試合後にサイン会とか、握手会とかやってもいいですよね。

池田 それから、選手個人だけでなくチームのファンを増やしていくためには、各チームが地元密着に力を入れて、地元の人々にとっての「おらがチーム」になっていく必要があります。いまある8チームの中で、どこか1つでも、成功事例を作ってくれるといいんですけどね。逆に、それができなければ続かない、ともいえる。

松下 残念ながらまだ、チーム自体に資金がないし、何をやっていいか見えていない部分があります。池田さん、何をやっていけばいいんでしょう。

池田 たとえば……地域貢献をしたい地元企業に声をかけて、公共のスペースに、その企業名とTリーグのダブルネームが大きく入った卓球台をどんどん置かせてもらってはいかがでしょう。

松下 いいですね。ボランティアでそこに卓球コーチをつけてもいい。

池田 神奈川県って、電車や道路の高架下にテニスの壁打ちができるスペースがけっこうあって、そこが混み合っています。ベイスターズでも、いろいろなところに「1人キャッチボールができる壁」を作ろうとしました。行政の外郭団体の協会に直談判して、公園のキャッチボール禁止をなんとか解除してもらい、費用はこちらもちで、壁やフェンス、マウンドを作り、グローブとボールを置かせてもらう提案などを何度もして、その幾つかを少しずつ実現してくことが可能になりました。

 グローブにもボールにも、ベイスターズの名前をでっかく表示してね。そういったことの卓球版を、どこかのチームが地域密着で頑張っていくスタイルもありですよね。そういった活動を展開していく中で、「○○県は卓球県!」とTV番組の「秘密のケンミンSHOW!」で紹介されるくらいの存在感のある地域が出て来ればいい。

松下 それ、いいですね。卓球台プロジェクトはやりたいですね。卓球台はコンパクトで移動式ですから、設置できるところ、たくさんありますし。廃校とかもいいだろうし、ショッピングモールだったり、スペースが余っているところをどんどん活用して。

池田 廃校といわず、地域の教育委員会と組んで、小学校中学校に卓球台を寄付してもいい。それから……心と体の癒しスポットとして、いままたスーパー銭湯に注目が集まっているみたいです。
 温泉と卓球は親和性があるわけで、スーパー銭湯の数あるリクリエーションのひとつとして卓球台を置いてもらうのもありです。あとは、待ち時間がちょっとあるようなところにあると、卓球はその暇つぶしにもいい。ほんの5分でもラリーするだけで楽しかったりします。だから……コインランドリーにあってもいいかもしれない。

松下 卓球の愛好者は、全国で800万人と言われていまして、トップリーグがある競技ではナンバーワンなんです。うまくその人たちを巻き込んでいけばある程度のことはできますね。すでに日本生命レッドエルフは全国の幼稚園に、ぶつけても怪我しないタイプの小さな卓球台を1000台寄付する取り組みを始めていて、すでに3、4回コーチをボランティアで派遣しています。

池田 卓球素人の私が勝手なことを申し上げて本当に恐縮ですが、あくまでブレスト的に申し上げさせていただけるならば、正規の大きさにこだわる必要はなくて、それこそ机に簡単に張れるネットとラケット、ボールのセットがあったらいいように思います。そうそう、Tリーグはグッズ販売はしているけど、ギブアウェイ(無料でグッズを配る取り組み)はやっていますか?

松下 まだやれていないですね。スポンサーさんも苦しい状況ですし。

池田 そこは逆転の発想で、ベイスターズも、初期の頃は人気がないから、「スポンサーになってもお客さんいないし、弱い」と、スポンサー集めに苦戦したんです。でも、「モノを配ります。そこに企業名を入れます。なのでお金を出してください」とお願いすると、けっこう出してくれました。企業側からすると、何千、何万という方々に、グッズと共に企業名が伝わることが確定した出費なので、費用対効果がある程度見えていることが決裁の決め手となるのだと思います。

松下 さきほどの卓球台のアイデアも、地域へのギブアウェイ的な取り組みですものね。いろいろ考えてみようと思います。

【次ページ】 卓球にとっての「聖地」はどこになるか。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
松下浩二

卓球の前後の記事

ページトップ