Number ExBACK NUMBER

監督として“ジロ”に挑む水谷壮宏。
夢破れても、自転車に魅せられた人生。 

text by

杉園昌之

杉園昌之Masayuki Sugizono

PROFILE

photograph bySonoko Tanaka

posted2019/05/27 11:50

監督として“ジロ”に挑む水谷壮宏。夢破れても、自転車に魅せられた人生。<Number Web> photograph by Sonoko Tanaka

初山翔(右)らに指示を出すNIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネ監督・水谷壮宏監督(中)。

最も過酷で美しいグランツール。

 紆余曲折ある自転車人生だったが、世界最高峰のジロ・デ・イタリアまでたどり着く。3週間かけて全21ステージを走り抜けるそのレースも、5月23日からはいよいよラストの厳しい山岳ステージに突入している。雪化粧のアルプス山脈からは絶景が広がっている。

 開幕前の夜、ボローニャのホテルでワイングラス片手にふと漏らしていた。

「自転車競技をやっていないと、なかなか見ることのできない景色もある。監督でも選手でもそう。これも競技の魅力かな」

 最も過酷で美しいと言われるグランツールの風景も目に焼き付け、いまも峠の作戦を立てているはずだ。

「超級(山岳)ステージ前後の中級(山岳)ステージなど優勝候補チーム勢との駆け引きがあるので、そこをうまくすり抜けてステージ優勝を狙いたい。リーダーチームなど総合に関係のない選手を逃すこともあるので、そこで逃げのチャンスをつかむ」

 ジロの舞台裏でも日本人は奮起している。

関連記事

BACK 1 2 3 4
水谷壮宏
初山翔
NIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネ

他競技の前後の記事

ページトップ