ミックスゾーンの行間BACK NUMBER

カズ、ピクシーが信頼する名コーチ。
喜熨斗勝史の中国育成改革・前編。

posted2019/05/26 11:00

 
カズ、ピクシーが信頼する名コーチ。喜熨斗勝史の中国育成改革・前編。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ストイコビッチ監督とコミュニケーションを図る喜熨斗勝史。中国という地でサッカーの知見を得ようとしている。

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

日本サッカーは現役プレーヤーだけではなく、指導者でも海を越える人物が増えている。その1人が喜熨斗勝史(きのし・かつひと)だ。三浦知良、ストイコビッチから信頼され、Jリーグでもフィジカルコーチとして実績を残した男だが、2015年から中国の広州富力でトップチームのコーチ、育成年代の統括に携わっている。前後編でお送りするこの企画、まずは日本スタイルのサッカーを中国の地に浸透させようと奮闘する喜熨斗の姿に迫る。

 5月、楢崎正剛は中国・広州を訪ねた。訪問先で彼を待っていたのは、ピクシーことドラガン・ストイコビッチ。名古屋グランパスで2人は選手同士、そして選手と監督の間柄としても共闘してきた。今回、楢崎個人のある企画でピクシーと懐かしの話を振り返るべく、再会が実現した。

 2人をつないだ人物がいる。喜熨斗勝史。サッカー界では、知られた名前かもしれない。

 ちょうどピクシーが名古屋の監督に就任した2008年からフィジカルコーチ(以下、フィジコ)を務め、2014年にはコーチに昇格。2015年夏にピクシーが中国スーパーリーグの広州富力の指揮官になる際に、「一緒に来てほしい」と誘われ、今度はヘッドコーチとして海を渡り、今に至る。

 喜熨斗をテレビでよく観る機会がある。

 毎年12月、三浦知良が行う恒例のグアム合宿。厳しいメニューに汗を流すカズの横で、トレーニングを先導するのが、その人である。チームの活動と並行して、2004年からカズのパーソナルトレーナーを務めていることでも、サッカー界では知られている。

「グランパス時代以上に忙しそう」

 中国に渡ってからも、楢崎とは何かあれば連絡を取っていたという。そして今回、ピクシーを含めた3人の再会となった。

 帰国した楢崎は喜熨斗の印象をこう話していた。

「キノさん(喜熨斗の愛称)、グランパス時代以上に忙しそうだった。大変なことばかりと言っていたけど、やりがいもあるように見えたね」

 無理もない。2015年途中から広州富力のヘッドコーチに就き、シーズンにして今季で5年目。激しい結果至上主義の中国において、監督が長期政権を築くのは難しいと言われている。その中で、ピクシー体制は現時点で中国内で最長を誇る。

 さらに喜熨斗は2016年から、新たな役職をクラブ側から頼まれることになった。

「育成・アカデミー部門を設けたい。そのダイレクターになってほしい」

【次ページ】 「日本のスタイルを取り入れたい」

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ドラガン・ストイコビッチ
喜熨斗勝史
楢崎正剛
広州富力
名古屋グランパス

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ