eスポーツの世界へようこそBACK NUMBER

モンストグランプリ2019開幕!
九州・中部予選レポート

posted2019/05/30 11:00

 
モンストグランプリ2019開幕!九州・中部予選レポート<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

4月28日の九州予選から始まったモンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ。中部予選Bブロックでは、プロチームを下して勢いに乗る「どんどんススムンガ」(写真左)が見事に優勝。試合会場は異様な熱気に包まれた。

text by

河崎三行

河崎三行Sangyo Kawasaki

PROFILE

photograph by

Tadashi Shirasawa

沸き起こる歓声、手に汗握る展開。福岡と名古屋の会場で目にしたものは、たしかに“スポーツ”なのかもしれない。新シーズンのモンストグランプリを、4回にわたり追いかける。

「とろけるフレンチトースト、2本連取で決勝進出!」

 勝者の名を告げる実況アナウンサーの声が、スピーカー越しに大きく会場に響く。だがその音量とは対照的に、それまで割れんばかりの声援と打ち鳴らされる無数のスティックバルーンの金属音であふれていた観客席は、しんと静まり返っていた。5月6日、午後5時前の光景である。

 無理もない。昨年の「モンストグランプリ チャンピオンシップ(モンストグランプリ)」で全国の頂点に立ち、現時点でのプロ全8チームで争われたモンスターストライク プロフェッショナルズ2018 トーナメントツアーも制して、同一年2冠を達成、モンスターストライク(モンスト)ファンの間では絶大な人気を誇る「今池壁ドンズα(壁ドンズα)」が、今年はモンストグランプリの中部予選、それもバトルRound Aブロック1回戦(準決勝)で敗れ去ってしまったのだから。

 しかも、試合内容があまりに鮮烈だった。ゲーム1では壁ドンズα側がダメージを受け過ぎ、まさかの途中ダウン。ゲーム2では壁ドンズαが先に最終バトルまで到達しながら、遅れてたどり着いた対戦相手「とろけるフレンチトースト(フレンチトースト)」が巧みに配置していた自軍モンスターが、わずか一撃で敵のボスを倒して起死回生の逆転クリア。日本最強プロが、無名のアマチュアチームにストレート負けを喫してしまったのである。

中部予選Aブロックを制した、とろけるフレンチトーストの4人。

 言わずもがなを承知で説明すれば、モンストとはプレーヤーが選んだモンスターを自分の指で引っ張り、ビリヤードのように敵モンスターに当てて倒すスマホ向けアクションRPG。最大4人でチームを組んで共に戦えるのが特徴で、現在の利用者数は世界累計利用者数は5000万人。モンストグランプリはそのモンストの派生アプリ「モンスターストライク スタジアム」を使用し、4人対4人のチーム戦で共通のステージを同時に戦って、どちらが早くクリアできるかを競うルールになっている。

【次ページ】 将棋やチェスさながらの攻略法。

1 2 3 4 NEXT

ページトップ