eスポーツの世界へようこそBACK NUMBER

モンストグランプリ2019開幕!
九州・中部予選レポート 

text by

河崎三行

河崎三行Sangyo Kawasaki

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2019/05/30 11:00

モンストグランプリ2019開幕!九州・中部予選レポート<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

4月28日の九州予選から始まったモンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ。中部予選Bブロックでは、プロチームを下して勢いに乗る「どんどんススムンガ」(写真左)が見事に優勝。試合会場は異様な熱気に包まれた。

プロの責任と、苦い教訓。

 プロとは、ただそれで金を稼ぐというだけの存在ではない。エンタテイナーとしてファンや観客の思いを背負い、彼らの心を揺さぶる義務を託されている。昨年は栄誉をほしいままにした壁ドンズαだが、今回の中部予選ではプロにしか味わえない苦い教訓を噛みしめた形となった。

 中部地区代表となったフレンチトーストは勝利の余韻に浸る間もなく、すでに決勝大会での戦い方に思いを馳せている。

「バトルRoundの他の試合を見ていると、僕たちが全然思いつかなかった手がいろいろあって感心させられたし、参考にもなりました。決勝大会では堅実に行くのか、攻めていくのかまだ何も考えていませんが、YouTubeで配信される他地区の予選も参考にしながら、ゼロからのスタートのつもりでもう一度戦術を練り直します」(フレンチトーストのリーダー「えむ」)

 彼らに先立って九州予選を勝ち抜いた「ろくまる◢⁴(ろくまる)」も、各地区予選で登場してくるであろう新しい手筋には目を光らせている。

「特に、九州予選にはなかったけど他地区の予選や決勝大会では使われるステージについては、いろいろ情報を集めないと」(ろくまるの「対戦しましょう」)

予選スタートは九州から。決勝大会への最初の切符を手にした、ろくまる◢⁴。台湾、香港を含め、7つの予選が行なわれ、7月14日に最強チームが決定する。

 時間をかけて練り上げられた、あるいは新たに生まれたばかりのセオリーや攻略法。全国の各チームはそれらを学びながら自らの戦術をさらに進化させ、予選や決勝大会にぶつけていくことだろう。

 各地から選ばれた猛者が千葉・幕張メッセで一堂に会する7月13日、14日の決勝大会の模様まで、Numberでは全4回にわたり、モンストグランプリを様々な角度からレポートしていく。

関連コラム

BACK 1 2 3 4

ページトップ