ラグビーPRESSBACK NUMBER

堀江翔太の、怖いことと楽しいこと。
「ラグビーW杯にすべてをかける」

posted2019/05/15 08:00

 
堀江翔太の、怖いことと楽しいこと。「ラグビーW杯にすべてをかける」<Number Web> photograph by Miho Watanabe

堀江翔太の風貌は変わったが、ラグビー選手としての幹は何も変わらない。頼りになるフッカーが帰ってきた。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Miho Watanabe

 堀江翔太の表情が明るい。

「いまはまだ、W杯をそこまで意識していないですね。目の前の試合に自分のベストを注いでいくことが、W杯へつながっていくと思うんです」

 2011年と'15年のラグビーW杯に出場したこの33歳は、昨年9月に右足首を痛め、11月に手術へ踏み切った。その後は戦列を離れていたが、今年3月末から実戦に復帰している。

 4月下旬にはスーパーラグビー(SR)に参戦しているサンウルブズに合流し、日本代表候補が集まるチームで26日に途中出場を果たす。そのままオーストラリアへ遠征した5月3日のSRでは、今シーズン初先発を飾った。

 メルボルンで行われたSRから3日後、サンウルブズのキャンプ地に堀江を訪ねた。オフの時間だけに表情は穏やかで、ケガの回復具合についても「もう大丈夫です、全然大丈夫です。いまのところは何もないので、このまま順調にいってくれればいいですね」と軽やかに答える。

 そのあとすぐに、「まあでも、分からないんでね、違うケガをするかもしれないですから」とオチをつけるのは、経験豊富な彼らしいサービス精神だろう。

「代表としては最後かもしれないので」

 9月20日に開幕する今回のW杯は、堀江にとって過去2大会と違う位置づけになる。

「代表としては最後かもしれないので、すべてを賭けて、やりたいなって思いますね」

 言葉を区切りながら話していくのは、日本開催のW杯に寄せる決意の表れだ。開幕までの1分1秒を、愛おしむように過ごしているのかもしれない。

「また来年もあるわと思っているときと、これが最後かもしれんなと思っているときは、ほんま何かちゃいますね。すごいポジティブに生きれるというか。最後に湧き上がる力って、何かあるのかもしれないですね。頑張らなアカンわって思いますから」

 頑張らなアカンわ、との思いの行き先はひとつでない。間近で支えてくれている家族のため、応援してくれている人のため、そして日本ラグビー界のために、堀江はピッチに立つ。

「すべてがつながっていると思います。僕が頑張ることは代表のためにも家族のためにもなり、応援してくれている人たちのためにもなる。ラグビー選手ができることって、そこやと思うんです。テレビに出てW杯を宣伝するとかいうよりは、どれだけラグビーをプレーしている姿を見せられるかだと思うので。そこをメインに僕はやっていきたい、と思っています」

【次ページ】 使命感が重圧になり、ラグビー熱を失った。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

堀江翔太

ラグビーの前後のコラム

ページトップ