松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

修造、ゴールボール・天摩由貴の
「生粋の負けず嫌い魂」に感服! 

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2019/05/12 08:30

修造、ゴールボール・天摩由貴の「生粋の負けず嫌い魂」に感服!<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

ラインテープの前で、ポジションをとる2人。テープの下には糸が通してあり、手で触ってもラインがわかりやすいようにしてある。

私は障害と共に生きてきたから。

 負けず嫌いな性格は、優れたアスリートが備える大事な資質のひとつだが、天摩さんのそれは生粋のものと言えるだろう。幼少期の負けず嫌いなエピソードについて訊ねると、こんな答えが返ってきた。

天摩 とにかく駆けっこだったら隣の人には負けたくないし、テストの点数も人より高くないと嫌だし、負けるのが嫌いなんです。これがまた年の差もあまり関係なくて、お姉ちゃんともしょっちゅう競い合ってました。

松岡 その性格が障害を乗り越える糧にもなってますか。

天摩 私にとっての障害は、乗り越えたものではなくて、共に生きてきたもの。病名は網膜色素変性症といって、私の場合は中途失明とかではないので、生まれたときからあまり見えないのが当たり前なんです。障害があって当たり前の世界に生きてきたので、ぜんぜん乗り越えた感じではないんですね。

松岡 でも、なぜっていう思いはないんですか。なぜ私なのって。

天摩 それはいまだに思います。なんで私の目は見えないんだろう。もうちょっと見えてくれたら良いのにって。でも、これはいくら考えてもしょうがないことなんですよ。いくら思っても見えるようにはならないので、深く考えたりはしないです。

(第4回に続く/構成・小堀隆司)

関連記事

BACK 1 2 3 4
天摩由貴
松岡修造
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ