ビッグマッチ・インサイドBACK NUMBER

メッシに尽くす最強の囮・スアレス。
CL無得点でもバルサに不可欠な男。 

text by

寺沢薫

寺沢薫Kaoru Terasawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/04/17 17:30

メッシに尽くす最強の囮・スアレス。CL無得点でもバルサに不可欠な男。<Number Web> photograph by Getty Images

メッシという天才が横にいる。それだけでも重圧は大きいはずだが、スアレスはしっかりと自らの仕事をしているのだ。

見逃せないフリーランの技術。

 彼のスタンダードからすれば低空飛行と言えるこの日のパフォーマンスを見て、彼がほぼ試合の中から「消えていた」と見る向きもあるだろう。実際、CLでの不発を批判的に捉えているファンは少なからずいるはずだし、本人も「CLノーゴール」を各所で話題にされていることには気付いているはずだ。

 ただ、それでもチームがユナイテッド相手に挙げた3つのゴールを振り返れば、スアレスはきっちりと仕事をしていることがわかる。メッシの2発とコウチーニョの一撃の裏には、スアレスの効果的なフリーランがあった。

 先制点の場面では、メッシがボールを持って中央へ切り込む素振りを見せると、スアレスは中央からナナメに走り出している。この動きに釣られたクリス・スモーリングはメッシへの寄せが一歩遅れ、シュートコースを空けてしまった。

 4分後の2点目の場面でも、メッシが右から中へ寄ってきたのに合わせてスアレスは左サイドに大きく開く動きをし、“王様”が中央で仕事ができるようスペースを作った。

 そしてコウチーニョの3点目の場面もそうだった。メッシのロングパスをジョルディ・アルバが落としてボールがコウチーニョに渡った刹那、スアレスはランニングスピードを一気に上げ、フィル・ジョーンズを引っ張って下がらせた。これによって、コウチーニョの美しいミドルの軌道が開けたのだ。

メッシというモンスターの隣で。

 もちろん、彼の動きに相手が釣られるのは、これまでのゴールマシーンとしての実績があるからこそだろう。

 その意味で、バルサにおけるスアレスはいま世界で最も「囮になる」プレーが巧みな選手と言えるかもしれない。たとえ自分にいい形でボールが入らなくとも、自らがゴールネットを揺らせないとしても、仲間を生かすための動きをいとわず、目に見えない貢献ができる。メッシというモンスターの隣にこういう選手がいることは、バルサにとって大きな武器だ。

 かくしてユナイテッドを破り、過去3年連続で敗退していた鬼門のクォーターファイナルを突破したバルセロナ。スアレスという最高の引き立て役を従えたエースのメッシは絶好調。

 このチーム、やはり優勝候補の筆頭と言っていい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

リオネル・メッシ
バルセロナ
ルイス・スアレス
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ