“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

町田FW中島裕希「昨年を超える」。
恩返しはクラブの未来への貢献。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/04/17 17:00

町田FW中島裕希「昨年を超える」。恩返しはクラブの未来への貢献。<Number Web> photograph by Takahito Ando

FC町田ゼルビアで4シーズン目を迎える中島裕希。チームに欠かせないベテランとしてJ1昇格へ奮闘する。

慣れないポジションでも「楽しい」

 だからこそ、多くを語らなくても、意思疎通は容易だった。

「前の試合でジョンがFWとしていい動きをしていたので、別のポジションでの起用はあると思っていた。もう、そこは(監督との)信頼関係ですよね。言われたことをやるだけ。それに左サイドハーフは運動量が多いポジションで疲れたけど、やってみて楽しかった。

 でも、やっぱり反省はあった。自分のところで起点になって、フィニッシャーよりも攻撃の起点を意識したけど、俺たちのチームはFWが相手サイドバックの裏で受ける分、FWよりも逆サイドの中盤にシュートチャンスがあるサッカー。俺もボールを出すばかりではなく、出したあと点を取るためにもっと中央でプレーしても良かったのかな。もっと中に入って、シュート狙いたかったな」

 尽きることのない探究心。これもまた彼が30歳を超えても成長し続けられる理由でもあった。

「J1は記念じゃないんです」

「とりあえず俺は優勝をしたい。昨年できなかった悔いが残っているからこそ、とにかく優勝したいし、J1への思いは相当強い。でも、ただ昇格だけを目標にしていてはいけない。山形の時はレベルが違って1年でJ2へ落ちてしまった。上がるだけではなく、ちゃんとJ1で戦って残留する。その先も考えてこだわらないと、上がっても1年で落ちてしまう。それではいけない。J1は記念じゃないんです。

 それに今、スポンサーもたくさんついて、天然芝の練習グラウンドもできる。そういう町田の進化をしていく姿、過程に携わっていることに喜びと生きがいとやりがいを感じているんです。町田をもっと安定したクラブにしたい。俺の歳でこう考えながらサッカーできることが幸せなんですよね」

 中島裕希、34歳。今年の6月16日をもって35歳となる彼の野望と向上心は、さらに燃え盛ろうとしている。

「昨年を超える。これが大事。それが自分の進化にもつながる。もうすぐ35歳、まだまだ周りに負けていられないし、やりますよ。だって俺は40歳まで第一線でやりたいから。35歳でJ1に返り咲くことはなかなかない。普通はみんな急に落ちたり、徐々に落ちていく。それに30歳を超えたら、本人がまだやれると思っていても、周りがその環境を与えてくれない。それはゼロ円提示で気づくことができた。

 だからこそ、今が当たり前ではなく、ありがたいこと、幸せなことと感謝してやりきる。それが町田への思いであり、僕を拾ってくれただけでなく、輝かせてくれた町田への恩返しだと思っています」

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
FC町田ゼルビア
中島裕希
相馬直樹

Jリーグの前後の記事

ページトップ