新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『アフター1964 東京オリンピック』
五輪の問題点より、魅力的な選手たちの弱音。

posted2019/03/26 15:00

 
『アフター1964 東京オリンピック』五輪の問題点より、魅力的な選手たちの弱音。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『アフター1964 東京オリンピック』カルロス矢吹著 CYZO 1600円+税

text by

枡野浩一

枡野浩一Koichi Masuno

PROFILE

photograph by

Sports Graphic Number

『野茂がもし世界のNOMOになろうとも君や私の手柄ではない』。日本人が世界で活躍するたび、ネットや印刷物でくりかえし引用される短歌である。来年の東京オリンピックは問題続きのため、今から返上してもいいのでは、と思っている私が作者だ。

 そんな私にも本書は面白かった。1964年東京オリンピックの新聞記事を参照し、当時の写真も紹介しながら、「当事者」の12名に取材して書かれている。2020年大会への提言になるよう、彼らの反省点を主に聞き出しているのが特徴だ。くよくよした後悔の部分にこそ光が当てられているのがよい。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ