バスケットボールPRESSBACK NUMBER

篠山、辻、ファジーカスは好調も
Bリーグ川崎の課題は「控え組」。 

text by

青木美帆

青木美帆Miho Aoki

PROFILE

photograph byB.LEAGUE

posted2019/03/22 07:30

篠山、辻、ファジーカスは好調もBリーグ川崎の課題は「控え組」。<Number Web> photograph by B.LEAGUE

日本代表の主将を務める篠山はカタール戦後、「もう1回、Bリーグを盛りあげたい」とすぐ再開するBリーグに言及。

“代表が3人いるから強い”ではなく。

 16、17日の新潟との頂上決戦は1勝1敗に終わった。「中断期間後は1つも落とせない」という選手たちの目論見は少し狂ってしまったが、中断期間でケガを癒し戦線復帰したエドワーズの好調と、エドワーズ、ファジーカス、バーノン・マクリンの同時起用が機能しだしたという明るい材料もある。

「中地区チャンピオンを目指すためには、目の前の試合が大切。もう1度、チームのために何をできるかを考えよう」

 代表組の合流後、北ヘッドコーチが選手たちに伝えた言葉の通り、今はとにかく、中地区優勝とファイナル優勝だけを見据え、そのために一人ひとりが全力で考え、全力で行動するしかないのだ。

「主力と控え、ベテランと若手、日本人と外国人、そういうものはここまで来たらもう関係ない」とは篠山の言葉。“代表が3人いるから強い”ではなく、“川崎ブレイブサンダースだから強い”。

 そんなチームの結実を、多くの人々が心待ちにしている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
川崎ブレイブサンダース
篠山竜青
辻直人
ニック・ファジーカス

バスケットボールの前後の記事

ページトップ