松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

松岡修造の「何を上げているか?」に、
パラパワーリフター・大堂秀樹の答は。 

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2019/03/19 10:00

松岡修造の「何を上げているか?」に、パラパワーリフター・大堂秀樹の答は。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

前列左から、マクドナルド山本恵理、大堂秀樹、後列は吉田寿子局長。東京パラリンピックをみんなで目指す!

「たまになにを言ってるかわからない」

松岡「恵理さんから見て、秀樹さんの一番の天才的な部分ってどこですか」

山本「天才に見えないところ」

大堂「いや、だから2、3年に1人の天才だから(笑)」

山本「大堂さんは、経験もあって本当にすごいのに、それを絶対に見せない。偉ぶらないから何でもすぐに聞きに行ける。たまになにを言っているかわからないけど、丁寧に教えてくれます(笑)」

松岡「ほら、後輩が『たまになにを言ってるかわからない』なんて言ってますよ。自分の感覚を、きちんと言語化して後輩に伝えていかないとダメですよ。大堂さんからかけられた言葉で、印象に残っているものは何かありますか」

山本「ちょうど3日前に試合から帰ってきたばかりなんですけど、その時は『自分を信じろ』と言ってくれました。それから、『自分を信じられなかったら、俺を信じろ』って(笑)。でも、本当にそれで上がりました!」

松岡「おお、これも不思議な、でもいい言葉ですねえ」

大堂「実はアニメの受け売りなんです。アニメも漫画も好きで、『天元突破グレンラガン』の中のセリフで『お前を信じる俺を信じろ!』というのがあって、いいなあ、と思ってたんです」

松岡「恵理さんは何を食べているんですか。秀樹さんから学んで、赤いきつね(笑)?」

山本「私の場合は、どら焼き。試合の前に検量が終わったら必ずどら焼きを食べるんです」

松岡「どら焼き、いいですねえ。でも、こうやって良い雰囲気の中で、日本チームとして切磋琢磨しているんですね。秀樹さんが後輩に優しいというのもすごく伝わってきます」

「力だけだったらゴリラの方が強い」

大堂「僕がこの競技を始めた頃に、大阪に岩崎輝雄さんという『ベンチプレスの神様』と言われた方がいて、今でもその時に話してくれたことを覚えているんです。『力だけだったらゴリラの方が強い。だから人間、どれだけ強くなっても謙虚でいなさい』と。それを守った結果がこうなりました。今では女子の選手にまでナメられてしまって、先輩としての威厳がまったくない……」

松岡「それでいいじゃないですか。素敵ですよ。ちなみに、秀樹さんは試合中も何か食べたりするんですか」

大堂「試合中は、アルファベットチョコ。昔からある、サイコロ状のチョコです」

松岡「やっぱりあるんだ(笑)。聞いてみて良かった。それにしても、大堂さんと話していると、無性に赤いきつねが食べたくなってきました。今度、みんなで食べましょう!」

大堂「じゃあ早朝5時の朝食、今度付き合ってくださいね(笑)」

(構成・小堀隆司)

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4 5
松岡修造
マクドナルド山本恵理
大堂秀樹
東京パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ