JリーグPRESSBACK NUMBER

公式戦3発で一気にブレイク!
J1清水・滝裕太が秘める可能性。 

text by

望月文夫

望月文夫Fumio Mochizuki

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2019/03/16 17:00

公式戦3発で一気にブレイク!J1清水・滝裕太が秘める可能性。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

リーグ戦1分2敗の清水にとって、滝の好調は明るい材料だ。3月に行われるU-20代表欧州遠征メンバーにも選出。

守備面でも成長を見せた滝。

 今季、シーズン開幕前にエースのFWドウグラスが長期離脱したこともあり、1月から始まった鹿児島キャンプの練習試合ではJ1クラブなどを相手に2トップの一角として存在感を高めた。

 しかし、アウェーで迎えたサンフレッチェ広島との今季開幕戦はベンチ外。その悔しい思いが第2節からの快進撃を呼び込んだ。

 活躍に頬を緩める内藤直樹強化部長は、滝を高く評価する。

「運動量が豊富だし、味方からボールを引き出すポジショニングの良さも持っている。そこから得点の匂いを嗅ぎつけてゴール前に出てくる。その一連の動きに光るものがある」

 ただ昨年来、周囲から言われ、自身も口にしてきたのは「もっと前から守備をしないといけない」という課題だ。

 滝がそう言うのにも理由がある。チームは昨年の第33節神戸戦以来公式戦6試合で19失点しており、守備の強化は急務であった。

 ところが滝の今季3点目となったジュビロ戦は無失点。

「前からの守備を90分間意識していたし、できていたと思う」と満足顔を見せれば、ヨンソン監督も「得点はもちろんだが、守備でも貢献してくれた」と合格点を与えた。

目指すはU-20W杯、そして東京五輪。

 順調に成長を続ける滝には、大きな目標がある。それは今年5月に開幕するU-20W杯への出場だ。

 自身もアジア予選突破に貢献してきたが、本大会のメンバー入りの保証はない。「チームで試合に出場することが重要だし、そこで活躍しなければ道は開けない」と、序盤からの活躍を誓って今季を迎えた。

 さらに来年は東京五輪が控えている。ジュニアユースからの先輩DF立田悠悟が常連のU-22代表への飛び級選出も、もちろん視野に入れている。

 その先輩・立田はプロ2年目の昨年に定位置を勝ち取った。「立田さんのように自分も2年目にブレークできれば、次につながる」と、五輪での先輩との共演も狙っている。

【次ページ】 体格も表情も逞しさが増した。

BACK 1 2 3 NEXT
清水エスパルス
滝裕太

Jリーグの前後の記事

ページトップ