JリーグPRESSBACK NUMBER

4階席まで響く憲剛の「受けるな!」
川崎がACLで取り戻した勝ち切り方。 

text by

いしかわごう

いしかわごうGo Ishikawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/03/14 17:00

4階席まで響く憲剛の「受けるな!」川崎がACLで取り戻した勝ち切り方。<Number Web> photograph by Getty Images

途中出場の齋藤が殊勲の決勝ゴール。難ゲームを攻略し、リーグとACLの2冠へ向けて川崎は突き進む。

ジョーカー齋藤学の決勝ゴール。

 試合を決めたのは、81分に、最後の交代枠としてピッチに送り込まれた齋藤学だ。

「マリノス戦で出れなかったのはすごく悔しかった」と、3日前の古巣戦をベンチで過ごした思いをパワーに変えた。出場したわずか2分後に、クロスボールのこぼれ球から右足を一閃。本人は「誰のパスだったのかは覚えていないですが、良いところに転がってきた」と苦笑いを浮かべたが、チームにとっては値千金の一振りとなった。

 そこからのゲームの終わらせ方は、冒頭で触れた通りである。そして苦しんで掴んだ勝利だからこそ、チームとして見えてくる未来もあるのだろう。中村憲剛が口にする。

「過密日程でいろんな選手が出る中で、勝つということ。みんなでカバーしながら、進むしかない」

 たかが1勝、されど1勝である。

 リーグとACLという両方の頂を目指す挑戦の難しさを、開幕早々の1カ月で嫌というほどに味わった。

 この初勝利の余韻をかみしめることなく、週末にはリーグ戦が控えている。息つく間もない戦いだが、産みの苦しみがあったからこそ、王者が手にしたこの1勝には大きな価値があるはずだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

川崎フロンターレ
中村憲剛
齋藤学

Jリーグの前後のコラム

ページトップ