Overseas ReportBACK NUMBER

サニブラウンが日本タイ記録で復活!
60m走6秒54ってどのくらい凄い? 

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph byAyako Oikawa

posted2019/03/15 11:30

サニブラウンが日本タイ記録で復活!60m走6秒54ってどのくらい凄い?<Number Web> photograph by Ayako Oikawa

全米大学室内選手権60mで3位に入ったサニブラウン(右)。チームメイトで6位のクラーク(左)、優勝のホロウェイと。

ハキームはまだベイビーだから。

 練習態度も大きく変化した。

「今季はフルで練習に参加している」と言うように、ケガなく順調に練習を積めていることも自信につながっている。その姿にチームメイトとの距離も一気に縮まった。

「ハキーム、今年すごく頑張ってるよな。だから結果に結びついて俺もうれしいよ」と話すのは、ハンマー投げのマクファーランド。種目が違う先輩もサニブラウンの変化を感じ取っていた。

「ハキームはまだベイビーだから、ひとつずつ丁寧に体に覚えさせていかないといけない」とフロリダ大学のホロウェイコーチは話す。室内で200mではなく60mを走らせたのも、「スタートからの加速を覚えさせるため」だと言う。

 どちらかと言えば苦手意識のあったスタートが、どんぴしゃりで決まったレースでは自己ベストを出した。一方、スタートで失敗しても立て直す冷静さも身につけた。今後は60mで得た収穫を100m、そして200mにうまく繋げていきたいところだ。

6月に全米大学選手権、日本選手権。

「(アウトドアでは)個人だけではなく400mリレーもあるし、まだスタミナの部分が不安なので、その辺もしっかりやっていきたい」とサニブラウンは語っている。

 直近の目標は6月の全米大学選手権。昨年はケガで出場できず、名門のフロリダ大学は10点差の2位で総合得点でも連覇を逃した。短距離のエースとしてサニブラウンへの期待は大きい。

 その後、6月下旬の日本選手権で世界陸上の切符をかけた戦いに挑む。また大きな注目を集めるだろうが、ハイレベルなアメリカの大学選手権で強さを見せられれば、記録はおのずとついてくるだろう。次に「スイッチ」がオンになる瞬間を楽しみに待ちたい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

サニブラウン・アブデルハキーム

陸上の前後のコラム

ページトップ