日々是バスケBACK NUMBER

16歳で米国でプレー、東京五輪も……。
田中力はバスケの夢を叶えている! 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byYoko Miyaji

posted2019/03/16 09:00

16歳で米国でプレー、東京五輪も……。田中力はバスケの夢を叶えている!<Number Web> photograph by Yoko Miyaji

日本の同世代ではスター選手だったがアメリカではそうはいかない……16歳での武者修行は田中力を急速に成長させている。

「自分、絶対に負けられないって」

 同じアメリカで、自分の前を行く渡邊雄太(メンフィス・グリズリーズ)や八村塁(ゴンザガ大)、テーブス海(UNCウィルミントン)の存在も刺激になる。彼らの試合は、よくテレビやインターネットで見ているという。八村が去年11月に、全米トップのデューク大と対戦して倒した試合も興奮しながら見ていた。

「すごいテンション上がっちゃって。すごいですよ。アメリカでもトップの学校のエースの存在になれるとか、自分の夢の夢なので。それを実現しているのが塁さんなんで。なんか、わぁーってなって」

 ただ単に憧れて、喜んでいるだけではない。同じ日本人として誇らしく思うと同時に、自分も彼らのいる場所に行きたい、彼らに負けたくないという気持ちも強く出てくる。

「みんなすごい活躍していて、プレッシャーっていうか。自分、絶対に負けられないっていう気持ちがあるんで。

 みんな本当に憧れ(の存在)ですけれど、塁さんとか、中1からけっこう見ているんで、憧れですけれど、いつか同じステージに立てるようになりたいので、今は負けられないっていう気持ちはあります。(結果を出して)田中力も頑張ってますっていうのをみんなに教えたいです」

夢は18歳で東京五輪に出ること!

 年に関係なく、誰に対してもライバルとして負けたくないという気持ちを持てることは、選手としての田中にとって才能のひとつだ。彼の中には年功序列も、経験が浅いからできなくて当たり前という考えもない。マクルーンHCも、「そこは彼のアメリカ人的なところ」と評価する。

 そんな彼だからこその野望もある。東京オリンピックでの代表入り、そして試合出場だ。

 東京オリンピック開催のとき、田中はまだ18歳だ。それでも、経験豊かな20代、30代の選手を押しのけて、なんとしても日本代表としてロスター入りし、単に名前を連ねるだけでなく、試合に出たいのだという。

「オリンピックで若いから試合に出られないとか嫌なんで。試合にしっかり出たいです」

 田中力、16歳。

 日本から遠く離れたアメリカで、大きな夢に向かって成長中だ。

(『宮地陽子のGO FOR 2020 ~海外日本代表候補選手奮闘記~』(c)AKATSUKI FIVE plus+)

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

田中力
渡邊雄太
八村塁
テーブス海
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ