日々是バスケBACK NUMBER

16歳で米国でプレー、東京五輪も……。
田中力はバスケの夢を叶えている! 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byYoko Miyaji

posted2019/03/16 09:00

16歳で米国でプレー、東京五輪も……。田中力はバスケの夢を叶えている!<Number Web> photograph by Yoko Miyaji

日本の同世代ではスター選手だったがアメリカではそうはいかない……16歳での武者修行は田中力を急速に成長させている。

2m級の選手にふっ飛ばされて……。

 練習でも、最初のうちは自信を失うことばかりだった。

 スポーツに力を入れる高校だけに、男子チームがレベルに応じて7つあるのだが、田中が入った「ナショナルチーム」はその頂点のチームだ。

 ロスターのほとんどは上級生選手たちで、全米ランキングで上位に入る評価を受け、すでにNCAA強豪校への進学が決まっている選手も多い。そんな選手に混じっての練習では、今まで得意だったと思っていたことでも、うまくいかないことの連続だった。

 負けず嫌いの田中だけに、下級生だから、日本から来たばかりだから、うまくできなくて当たり前とは思えず、悔しい日々を過ごした。

 こんなこともあった。

「シーズン序盤、彼がインサイドにドライブインして得点しようと跳んだときに、後ろの壁に突き飛ばされたことがあった。彼が相手にしていたのは6'9”、6'10”(205~208cm)の選手だったんだ。日本での彼はフィニッシャーだった。でも、ここではパスを出したほうがいいかもしれないということを学ぶ必要があった」と、IMGナショナルチームのヘッドコーチ、ショーン・マクルーンは振り返る。

 そんな中で助けてくれたのがチームメイト、特に田中と同じようにアメリカ国外から来ている選手たちだった。

アメリカ国外から来た選手からのアドバイス。

 その1人がオーストラリアからの留学生で、田中より2学年上のジョッシュ・グリーン。全米の有望高校生選手たちの評価を専門とするウェブサイトで、超有望選手に与えられる5スターの評価を受け、すでにアリゾナ大に入ることが決まっている選手だ。

「アメリカ国外から来ている人がアメリカに挑戦するのは簡単ではない。俺もそうだった。別に焦んなくていいんだ。自分のペースでやればいい」と、経験談を交えて励ましてくれた。

 さらには、自信が何よりも大事だとの極意も教えてくれた。

「『バスケはほぼ自信だから、技術がなくても自信があれば、全然大丈夫』って言ってくれたり、すごく助けてもらった」と田中。そういったアドバイスを受け、少しずつ、本来の自信を取り戻すことができた。

【次ページ】 日本では活躍して当然の自信があった。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

田中力
渡邊雄太
八村塁
テーブス海
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ