酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

4番が主砲、を覆す2番打者最強説。
打点で見ると日米の差がくっきり。 

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/03/05 11:30

4番が主砲、を覆す2番打者最強説。打点で見ると日米の差がくっきり。<Number Web> photograph by Kyodo News

原辰徳監督が2番構想を示している丸佳浩。カープ時代は主に3番打者だったが、打順変更でどうなる?

2番は「つなぐ打者の打順」。

 日本の「打線」とは、4番、3番を中心に富士山のようなシルエットを描くものだとされてきた。昭和の時代、よく会社の営業会議などで一番稼ぐ社員を「わが社の4番打者だ」と部長が持ち上げたが、野球界はその意識がそのまま続いている。

 もう1つ、気づくのは2番打者の打点数が1番より少ないチームが西武、オリックス、楽天、巨人、中日、阪神と6球団あること。

「2番」は「つなぐ打者の打順」だとされた。出塁率が高く足も速い「1番」が塁に出て、これをバントか、進塁打で二塁もしくは三塁に進めるのが「2番」の役目、長打がなくてもいい。打点も期待しない。そういう指揮官の意図があるから2番打者の打点はへこむのだろう。

 西武は源田壮亮、オリックスは福田周平、楽天は茂木栄五郎、巨人は吉川尚輝、中日は京田陽太、阪神は北條史也。2番がへこんでいる球団の主な2番打者には、「つなぐ打者」が並んでいる。全員が、内野手でもある。

 NPBの打線は日本野球の「伝統のストーリー」にのっとっているのが多数派だ。

2番最強打者説という異論。

 しかし近年、この「ストーリー」に対する「異論」が出ているのだ。

 野球は先制点が大きくモノを言う。様々なデータが出ているが、一般的に初回に得点したチームの勝率は6割を超すという。初回に2得点すれば勝率は7割近く、3得点では8割近くに達するという。

 今のNPBで一般的な「富士山型」のオーダーも、もちろん先制点狙いで組まれているが、それは1番が出塁して2番が送る。そして3、4番でタイムリーを打つというパターン。1点を先制して、それを投手力で守り抜くイメージだ。

 しかしMLBでは、初回をビッグイニングにして、試合運びを有利に持ち込みたいという考えが主流になりつつある。

 初回をビッグイニングにするには、一番良い打者が確実に初回に打席に立つ必要がある。できれば2死より1死がいい。しかし走者がいないとホームランを打っても1点しか入らない。

 そういうことを勘案して「2番最強打者」という考え方が出てきたのだ。

【次ページ】 大田、青木、ソトという存在。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

原辰徳
丸佳浩
読売ジャイアンツ
大田泰示
青木宣親

プロ野球の前後のコラム

ページトップ