バスケットボールPRESSBACK NUMBER

Bリーグ勢だけで格上相手に連勝。
W杯出場バスケ日本、躍進の秘密。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/02/28 18:30

Bリーグ勢だけで格上相手に連勝。W杯出場バスケ日本、躍進の秘密。<Number Web> photograph by AFLO

カタール戦では負傷交代した太田敦也を除く11人全員が得点。まさに「一丸」となった勝利で予選を締めくくった。

ブームではなく、文化にする。

 コートの中だけではなく、この予選の8連勝中に選手からスタッフ、ファンやメディアまで巻き込んで「男子バスケ日本一丸」というスローガンが生まれた。そのきっかけを作った篠山は、W杯出場権を得た今だからこそ、過去に想いをはせる。

「Bリーグ開幕戦はテレビの地上波で放送されましたけど、それ以降はなかなかチャンスがなかった。バスケ界の認知度は着実に伸びてきたけど、飛躍的なアップには至らなかったと思うんですよ。もちろん、過去にもチャンスは色々あった。ジョーダンが活躍した時代、スラムダンクのヒットや、地元開催の世界バスケ(※現W杯)など……。タイミングが何回かあったけど、僕らはそこでチャンスをつかみきれなかったというのは感じています」

 だからこそ、今回の勝った経験を、真の強さにつなげていきたいと強く願っている。

「W杯に出ることによって、注目してもらえると思います。だから、本当にここからなんです! これをきっかけにバスケに興味を持ってくれた人や、代表を応援してくれた人に、今度はBリーグを応援して欲しいです。

 Bリーグが盛り上がれば、代表の強化につながりますから。そんな好循環を作っていければ、バスケを『ブーム』ではなく、『文化』にできると思っていますから」

 今回のW杯出場という快挙は、プロリーグ誕生3シーズン目を迎える日本のバスケットボール界が生まれ変わったことを高らかに示す機会となった。日本はここからまた、新たな歴史を紡ぎ出していくだろう。

 スポーツの世界において、歴史の持つ意味は重い。勝った経験、すなわち、チームの歴史というのは強さの源となるものだ。

 だから、日本のバスケットボールにかかわる全ての者は、この快挙に酔いしれるのではなく、輝かしい未来へつなげるための行動に移さないといけない。それが我々の責任と、結果を残したからこそ手にした権利なのである。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4 5 6
篠山竜青
八村塁
渡邊雄太
ニック・ファジーカス
富樫勇樹
フリオ・ラマス

バスケットボールの前後の記事

ページトップ