Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

ファンデルサールが語る、ダビド・デヘアと現代最強GKたち。「デヘアの安定感は特筆ものだ」 

text by

サイモン・マロック

サイモン・マロックSimon Mullock

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/02/20 16:00

ファンデルサールが語る、ダビド・デヘアと現代最強GKたち。「デヘアの安定感は特筆ものだ」<Number Web> photograph by Getty Images

ダビド・デヘア(マンチェスター・ユナイテッド)。

オランダ史上最高のGKと言われ、マンUでは「緑の巨人」と呼ばれて一時代を築いた男は、今も各国のGKを熱心にチェックしているようだ。 名手ならではの視点で、守護神たちを分析してくれた。

 最初に挙げたいのは、マヌエル・ノイアー。彼に関しては、詳しい説明は不要だろう。ペナルティエリア内ではシュートストッパーとして絶大な存在感を誇るだけでなく、空中戦にもきわめて強い。それでいて高いディフェンスラインの後ろに空いた広大なスペースを、「スイーパー・キーパー」としてカバーすることもできる。

 フィードに関しても非の打ち所がない。フィールドプレイヤーばりの正確さで、長短のボールを味方に送り届けることができる。しかも彼は味方とコミュニケーションを取る術にも秀でている。能力とファイティングスピリット、そしてメンタルの強さ。サッカー界の頂点に位置するGKだ。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

エドウィン・ファンデルサール
ダビド・デヘア
マヌエル・ノイアー
ユーゴ・ロリス
ティボウ・クルトワ
アリソン・ベッカー

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ