Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<密着レポート>サンウルブズ「3年目の飛躍」 

text by

近藤篤

近藤篤Atsushi Kondo

PROFILE

photograph byAtsushi Kondo

posted2018/02/19 06:00

<密着レポート>サンウルブズ「3年目の飛躍」<Number Web> photograph by Atsushi Kondo
日本開催のラグビーW杯をいよいよ1年半後にひかえ、狼たちは2月24日、秩父宮でシーズン初戦を迎える。
新たな助っ人を迎えたチームはどう変わるのか。
チームのスタート合宿に密着し、その内実に迫った。

 2018年1月下旬、僕は大分県の別府市にいた。温泉ざんまいの旅? 確かにそれも素敵だが、僕の目的は暖かいお湯につかることではなく、新シーズンに向けて始動したサンウルブズを取材することだった。

 日本最初のプロラグビーチーム、サンウルブズが生まれたのは今から2年前だ。発案者は前ジャパンHCエディー・ジョーンズとされる。国内最高の選手を揃えてプロリーグに参加し、'19年に自国開催されるラグビーW杯に向けてのジャパンの強化を図る、これがチーム誕生の基本概念だった。

 サンウルブズが参入することになったのはスーパーラグビー。南半球のビッグ3、南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランドに本拠地を置くクラブを中心に構成されるプロリーグだった。


 そう簡単には勝たせてもらえないよ。僕の周りでラグビーをよく知る人たちは、誰もがそう口にした。いざシーズンが始まってみると彼らの予言は残酷なほど的中した。

 1年目は1勝1分け13敗で最下位。2年目は2勝13敗で下から2番目。30回戦って、勝利はわずかに3。

 コアなラグビーファンは別として、負け続けるチームからは少しずつ観客の気持ちも離れてゆく。当初は満員だったサンウルブズの試合も、次第に空席が目立ち始める。ラグビー関係者の中には、'19年のW杯が終わったらサンウルブズは解散してもいいんじゃないか、そんな意見を真剣に口にする人もいるという。

 おいおい、ちょっと待ってくれよ。たしかラグビーというのは、苦しい時こそ前に進むものが勝つ競技ではなかったか。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

サンウルブズ
池田純

ラグビーの前後のコラム

ページトップ