Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<原色女子アスリート図鑑>
冬に輝く女神たち。伊藤亜由子(ショートトラック) 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2017/01/06 10:00

<原色女子アスリート図鑑>冬に輝く女神たち。伊藤亜由子(ショートトラック)<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama
平昌五輪を目指して奮闘している女子アスリートの中から、強さと美しさを兼ね備えた5人を紹介。彼女達の勇姿が日本の冬を熱くする。
この5人の中から、ショートトラック・伊藤亜由子選手の記事を特別に公開します。

 2度目の五輪舞台となった'14年ソチ五輪を区切りに、一度は現役を退いた。伊藤亜由子、当時27歳。両親には現役続行を勧められたが「これが限界」とスケート部を離れ、トヨタ自動車の仕事に専念することにした。

 目標が叶って初出場したバンクーバー五輪では、世界の壁は厚く、1000m18位、3000mリレー7位に終わった。エースとして出たソチ五輪でも個人3種目すべて決勝に進めず、リレーも5位。トップレベルとの差は大きかった。

 けれども、ソチ五輪後、スケートから離れてフルタイムで社業に専念しているうちに、心の中で燃え残っていた油に再び火が付いた。

「これが最後と決めてソチに向かったのですが、思い返すたびに悔しさが募っていって。全部を出し切ってはいなかった」


 現役復帰の思いを上司に告げたのは'15年春。半年間はフルタイムの就業を継続しながら練習に取り組んだ。

「まずは初心にかえり、入社当時のように仕事も練習も全力で打ち込みたかったんです」

 決意を胸に、質の高いメニューを集中して行い、体力を戻していった。また、長野のリンクで単独の合宿も張った。引退していた時期に感じた、周囲の人々の応援に対する感謝の気持ちが自分を強くした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 603文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

平昌へ。FIGURE SKATING EXCITER 2017-2018

Sports Graphic Number 2017/1/14特別増刊

平昌へ。
FIGURE SKATING EXCITER 2017-2018

 

伊藤亜由子
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ