SCORE CARDBACK NUMBER

スーパーサイヤ人になった長友が金髪に込めた思い。~「うまくいかない状況も出てくるよ、でもポジティブに行こうよ」~ 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/07/22 16:00

スーパーサイヤ人になった長友が金髪に込めた思い。~「うまくいかない状況も出てくるよ、でもポジティブに行こうよ」~<Number Web> photograph by Getty Images

今大会も含め、南アフリカから3大会連続で全11試合にフル出場。川島とともに日本人選手の最多記録となった。

 お世辞にも似合っているとは言えなかった。長友佑都の金髪である。だが、オシャレや注目を浴びるために染め上げたわけじゃない。チームを盛り上げ、明るく照らすためだ。ロシアワールドカップ本大会前、SNSにて「スーパーサイヤ人になってチーム救いたい」とつづっていた。その決意の頑強を人々は後に思い知ることになる。

 左サイドで躍動するブロンドヘア(ゴールデンヘアと呼ぶべきか)は、まさに希望の光となった。闘志丸出しのコロンビア戦、反撃の機運をつくったセネガル戦。柴崎岳のパスに合わせて裏を取り、「ミス」を「スーパー」に変えたトラップで乾貴士のゴールをアシストした。2度追いついての価値あるドロー。試合後、声を弾ませる彼がいた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

長友佑都
ロシアW杯

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ