SCORE CARDBACK NUMBER

機に臨み、変に応ずる仙台。日本代表も参考にすべき!?~個性ではなく、対応力で戦う~ 

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2018/04/25 09:00

機に臨み、変に応ずる仙台。日本代表も参考にすべき!?~個性ではなく、対応力で戦う~<Number Web> photograph by J.LEAGUE

就任5年目の渡邉監督が徐々に戦術をバージョンアップさせ、メンバー構成も石原らベテランと若手が融合する。

 何かに特化はしない。それが強みだろうか。渡邉晋監督の率いるベガルタ仙台だ。J1第8節終了時点で4勝3分け1敗。勝ち点15を稼ぎ、2位につけている。成績もさることながら、その戦いぶりが興味深い。

 カウンターとポゼッション、ハイプレスと守備ブロック。これを相手のレベルやスタイル、戦況や点差などに応じて、上手に使い分けている。機に臨み、変に応ずる戦い方だ。


 フォーメーションの微調整も抜かりが、ない。3バック・システムは不動も、中盤から前線にかけての並びは、相手次第で変えていく。前からハメやすくするためだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 603文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ICHIROBACK TO MARINERS 2018

Sports Graphic Number 951

ICHIRO
BACK TO MARINERS 2018

 

ベガルタ仙台
渡邉晋

Jリーグの前後の記事

ページトップ