SCORE CARDBACK NUMBER

走って、つないで、カバーする。マリノスGKの“副業”と決意。~J1最高の支配率を支える飯倉の決断力~ 

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2018/03/31 06:00

走って、つないで、カバーする。マリノスGKの“副業”と決意。~J1最高の支配率を支える飯倉の決断力~<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

新たなスタイルに取り組む飯倉。1-0で今季初勝利を挙げた第4節浦和戦後には「足元のプレーにも慣れてきた」。

 いま、J1リーグでもっとも忙しいゴールキーパー(GK)だろう。横浜F・マリノスの飯倉大樹だ。

 走る、走る。とにかく走る。今季の開幕戦で記録した走行距離は約6.5km。他クラブのGKの平均が約4.5kmだったから、2km近く多く走ったことになる。

「彼の役割は劇的に変わった」

 アンジェ・ポステコグルー新監督が言う。実際、今季から新たな役割が追加された。それが“かりそめのリベロ”である。

 今季のマリノスは超のつく「ハイプレス・ハイライン」に挑戦中だ。最終ラインを極端に押し上げ、前線から果敢にボールを奪いにいく。プレスが空転すれば、一発でラインの裏を突かれかねない。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

横浜F・マリノス
飯倉大樹

Jリーグの前後のコラム

ページトップ