SCORE CARDBACK NUMBER

右腕を上げる仕草に、松坂大輔の本音が見えた。~今から動かすよ、と右肩に教えるために~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byKYODO

posted2018/03/20 12:00

右腕を上げる仕草に、松坂大輔の本音が見えた。~今から動かすよ、と右肩に教えるために~<Number Web> photograph by KYODO

先発した3月4日のイーグルスとのオープン戦では2回で31球を投げて2失点。直球の最速は144kmをマークした。

 その仕草は、杉内俊哉を思い起こさせた。3月4日のオープン戦で先発したドラゴンズの松坂大輔は、マウンドの上で何度も何度も右腕を高々と上げてからセットポジションに入っていた。試合後の囲み取材でそのことについて訊かれた松坂は、こう答えた。

「あれはやったり、やらなかったり、大きく動かしたいなと思うから出る動作です」

 大きく動かしたい?

 それは本音ではないと思った。血行障害を抱える杉内は、腕を振ったことによって指先にたまる血液を流すイメージを持つために、左腕を上げていた。松坂もまた、右肩痛の再発に対する不安の裏返しから出た動作であり、だから思わず本音を封印してしまったのではないだろうか。それを確かめるために本人にもう一度、同じ質問をぶつけてみた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 565文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

僕らは本田圭佑を待っている。

Sports Graphic Number 948

僕らは本田圭佑を待っている。

 

松坂大輔
中日ドラゴンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ